FC2ブログ

無料鑑定は6月末まで

数ヶ月無収入で霊視鑑定やってまいりましたが、6月末で辞めます。

霊視鑑定自体もう辞めたくなりました。

無料にしてから人に対する先入観がなくなり、見えてきたのは人のずるさだけでした。

これは疲労だな。

今後は鑑定依頼者を今度は私が選びます。

疲れました

最近私の写真で(恐いとか怪しいとか言われるのであんまり出してない)笑顔が全く無いとのお話しを頂きました…。

確かに!確かにその通りです!
そこでまた自分を冷静に考えると……。

人間は表の顔と裏の顔がある。表の顔は道徳心や良いていさい。裏の顔は本能によるどん欲な自己中。
この両方があってこそ人間である。どちらもなくてはならないものである。

私は長く人間の裏の心の世界を生業としてやって来ました。
既に私自身には裏の顔も表の顔もわけわからなく、どっちも無くなってしまったように思います。
しかしながら、これは妖怪としては一流でもあります(一流の妖怪って笑)。

だが、たまに疲れる。人間の強欲、どん欲の願望の為に努力するのが時に疲れる。
妖怪村やムーミン谷に帰って風に乗って山から落ちたくなります。

私には人間社会での笑顔など無くなりましたし、人間達からは私のそんなものなど必要とされるなどありません。
私は人間の強欲、どん欲を満たす為の妖怪と言う名の道具なのであります。

いつの間にか私は……一流の妖怪だったんだと改めて認識致しました。

笑顔がない…これは宇宙からの賞賛のメッセージだと嬉しくなりました!

ありがとうございます!

鑑定のお知らせ

新型コロナウイルスを危惧して、数ヶ月無料鑑定をやって来ましたが、6月末日で無料鑑定を終了します。

尚、無料鑑定期間内に鑑定依頼を希望した方でまだ鑑定を受けてない方につきましては、6月末日以降も無料鑑定対応致します。
今後も無料鑑定は続けますが柳澤諒人生塾メンバー限定とします。

そして、最近鑑定依頼者が私の鑑定を受けるにあたり数ヶ月又はしばらくの間、私と話しをするのをどうしようか悩んだと言って来る方々が大変多いのだが、その様な方々は鑑定をお断りします。
悩まないでお話しできる大先生の方々のところに鑑定依頼をしてください。悩んだ結果あなたを選びました的話しは私にとっては私の独断と偏見ですが、不愉快です。

皆さんの悩みがある意味心の毒と例えた場合、私はワクチンであり劇薬でもあります。(これは例えのお話しです)
そして私は怪しく胡散臭い極みと自負してます。

どうぞ私ではない霊能者の大先生の所へ鑑定依頼をしてください。

最近音楽が…

最近、1人ですがギターを弾いていると凄まじく楽しい!
音楽の世界を生業としていた時代は、どうプレイをしたらプロデューサーが納得して喜ぶだろう…とかどんな曲作ったら周りは納得してくれるだろうか…。
そんな事しか考えていませんでした。
当然音楽は楽しくなくなってしまいました。

音を楽しむ、で音楽なのに…。

しかしながらもう私は人間社会から抜けたスナフキンなのでギターを弾いていると凄く楽しい!
何事にもとらわれずただ楽しくプレイしている。しかもギタリストを生業時代よりなんか凄くギターを弾けてる感があります(自己満足笑)

そうなってくると誰かと音楽をやってみたくなるのです。
私は人間と妖怪(宇宙人)のハーフブリードなので私と楽しく音楽をやってくれる方々はいないだろうと思っていますが、どなたかご一緒にいかがですか?ドラムとかベースとかかぶせもの系の方々。

柳澤諒人生塾 談話会

柳澤諒人生塾では談話会をおこないます。
もちろんオンラインで、これならいつでもどこでもできますのぉ。
もっと早く気がつけば良かったですなぁ。

今回のテーマは『霊障とポルターガイスト現象について』

おそらく参加なされる方は3人くらいいらっしゃるかなぁ。
あっ!誰もいないかも、その場合オンライン独り言ですなぁ(笑)
プロフィール

yanagisawaryo

Author:yanagisawaryo
奇跡の予知能力者 
柳澤 諒(やなぎさわ りょう)

1964年9月29日、札幌生まれ
社会人となって、シンガー、ギター講師、ラジオパーソナリティ、司会など、多彩な活動を精力的にこなす中で幼少時からの特殊な能力である『霊視』による鑑定 を数多く行ってきた。予言の的中率が各方面で話題になり、今では政治家・企業経営者・主婦・学生…多くの人々が柳澤諒の元に訪れている。「気休めな癒しをお伝えしたいのではなく目の前にある問題を解決したい」を最重要テーマに置き北海道から沖縄まで全国各地、霊視鑑定・公演などを開催している。

人は「北海道の神様」と呼びます!

リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード